素直に働く

人間が下手な人間が、就職・転職に関わることを中心に書きます。

歌は思っていたよりも人の心に残ってるし、あのときの想いも連れてきてくれる

「歌」って、その時の想いを連れて「今」に来てくれるよなーって感じた話。

先日、中学からの友達の結婚式に行ってきた。

あるあるだけど、けっこう多くの人が結婚していたり子どもがいたり、とライフステージを順調にのぼっているように見える。うらやましかったり、さみしかったりする。

僕は酒は弱いけど、朝10時から日付をまたぐまで酒を飲み続けた。楽しかったな。

2軒ほど飲み歩いて最後にカラオケにいった。

曲の締め、つまりその日の締めだったんだけど、中学からの友達であり、その日の新郎がいれた曲がSOUL'd OUTの「To All Tha Dreamers」だった。

アニメ「焼きたてジャパン」のエンディング曲といえばわかる方もいるのではなかろうか。

この曲は僕が中学のときに新郎たちといくカラオケで、僕がよく歌っていた曲だった。

当時、僕しかSOUL'd OUTが好きじゃなかった。周りはバンプとかラッドとかオレンジレンジとか聴いていた。僕も聴いていたけど、周りはSOUL'd OUTが好きではなかった。

僕がSOUL'd OUTを歌っているときは、みんな知らないからケータイいじってた。英語の歌詞をカタカナにして歌えるようにしていたな。今でもみんなが知らない曲歌うからそんな感じだけど。

それを今、もう解散もしたSOUL'd OUTの曲を友達が覚えていて、僕のSOUL'd OUTを聴きたいと思って入れてくれたのである。

なんだろうな、言葉にできないのがもどかしいけど、すごく大切なことができたような気がする。

歌ってみるとみんな盛り上がってくれて、時を越えて僕の想いがあの場所に届いた気がする。報われたというか。

結婚式とかおめでとうとかぜんぜん関係ないけど、よかった。

そして、中学から変わらないよなーとか話していた僕たちは、また仕事に戻っていく。

Copyright © 2019 素直に働く All rights reserved.